Mr.DON
2018-02-07 https://www.onikko-shop.com/taiko-hiroba/shinobue-question
篠笛

篠笛のよくあるご質問をまとめてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※2018年2月7日更新「調子による音の違い」の項目を追加しました。

篠笛を始めたばかりで、しかも楽器経験がないと
よくわからない言葉がよく出てきます。

そこで、よくある質問をこの記事でまとめさせて頂きました。

調子による音の違いを聞くことはできませんか?

6本調子、7本調子、8本調子のみですが、動画をご用意しましたのでご参考ください。

ピッチってなんですか?

ピッチとは一言で言うと音の高さのことです。音は空気の振動で、1秒間に何回振動するかをHz(ヘルツ)という単位で表します。この数値が大きいと音は高くなり、小さいと低い音になります。

打ち指(うちゆび)ってなんですか?

篠笛では、同じ音が続くときにフルートなどの管楽器のように「タンギング」(舌で音を区切ること)を行わないのが基本です。 その代わりに、指穴を開けてすばやく戻したり、開いた指穴を 一瞬閉じたりして音を区切ります。これを「打ち指」と呼びます。 「ピーヒャララ」の「ヒャララ」は、「打ち指」によって生まれる響きです。

「メリ」「カリ」ってなんですか?

唇または指で音程を微調整することです。音程を下げることを「メリ」、上げることを「カリ」と呼びます。篠笛は吹く角度で音程が変わりやすく、内側に回すと低く、外側に回すと高くなります。

唄用篠笛の楽譜はよく見かけるけど、お囃子用の楽譜はないのでしょうか?

基本的にお囃子は口伝で伝えられるのものなので楽譜等はないそうです。 ですので、おぼえたい場合は実際の演奏を聴いて覚えるか、吹いている人に教えてもらうしかありません。

最後に

呂音などの基本的な内容は「日本の伝統的な横笛「篠笛(しのぶえ)」とは?」で説明させて頂いておりますので、そちらの記事をご覧ください。

また、よくあるご質問についてはまとめさせて頂きますので、もし、わからない言葉などございましたらお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソーシャル

コメント

  1. せいや より:

    こんにちは!質問です。先輩や周りの人が使っている篠笛(八本調子)よりも大きいのですが、大きかによって高音がでにくかったりしますか?

    1. Mr.DON より:

      コメントありがとうございます。

      同じ調子でも笛の大きさが違う場合はあるのですが
      音の出しやすさにつきましては、結局のところ笛との相性になってまいります。

      ですが、相性は実際に笛を吹いてみないと分かりませんので
      大体の方は笛に合わせて、口のあて方を変えたり、吹き方を変えたりしております。
      笛の個性に自分をあわせていくといった感じでございます。

  2. blue より:

    こんばんは。

    最近しの笛を始めました。(挫折からの復活)

    こちらのサイトのおかげもあり、なんとか音が出るようになってきたので、お囃子の楽譜?的なものを入手し練習をとおもいましたが、
    ピー、ピリリ、とか、ヒャラ、トロなどの表記がありますが、意味が解らず困っています。
    四分音符とか、八分音符とかのようなものですか?
    教えて頂けると有難いです。
    ヨロシクお願いします。

    1. Mr.DON より:

      コメントいただき、誠にありがとうございます。

      当サイトをご参考いただき、誠にありがとうございます。
      少しでも多くの方が篠笛を吹けるようになっていただければという思いを込めて運営させていただいておりますので
      非常にうれしく思います。

      お囃子用の楽譜に関してなのですが
      祭りばやし等は基本的に口伝で伝えられるのがほとんどで、先輩の篠笛担当の方に習うというのが基本です。
      そのため、楽譜があまり存在しておりません。

      ピー、ピリリ、ヒャラ、トロという表記も地域によって違う可能性もあるので
      どの言い方が四分音符なのかというのは断言ができません。

      下記ページのネット上では独自に楽譜にされている方もおられます。

      http://www.ohayashi.jp/kumi/miyamoto/hayashifumen.html

      お祭りの名称+楽譜などで検索してみてはいかがでしょうか?
      あまりお力になれず、申し訳ございません。

      今後もお囃子の楽譜については調べてみますので
      読み方等がわかる記事があれば、当サイトでも紹介させていただきます。

  3. Yuki より:

    こんにちわ。
    七本調子のお囃子用の篠笛をやっているのですが、時々他の方と一緒に演奏した際、同じ調子にもかかわらず、微妙に音程が異なるように聞こえる時があります。こうした場合の要因と購入する際の留意点などあれば教えていただけますでしょうか。(特にオンラインなどで購入を考えた場合)
    よろしくお願い致します。

    1. Mr.DON より:

      コメントいただき誠にありがとうごさいます。

      お囃子用の場合同じ調子でも、地域や行事などの伝統に準じて特別な調律がなされている場合があります。
      この場合は、使われている篠笛をお預かりして製造元に預けたうえで特注品として全く同じ音程に仕上げてもらうことをお勧めしております。
      既製品とは違いますのでお高くなる場合がございます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください